お風呂掃除を改善した

寒くなってくるにつれて、湯船にお湯を張る機会は増えるのに対し、お風呂掃除は厳しくなる。風呂場は寒いし、部屋から出るのも面倒になる。だが、やはりシャワーで済ませるには寒すぎるのでいつかはやらないといけない。この状況を打破すべく、新たな道具を調達した。

これまでの構成

  • ドン・キホーテで買った柄付きのスポンジ(ブラシ?)
  • 100均やらドラッグストアやらで買った最安値の風呂洗剤

まず、柄付きであることがポイント。一度柄付きのものを買ってから、普通のスポンジに戻ることはできなくなった。あまり無理な姿勢を取らずに、かつ手を濡らすことなく掃除できるのはやはり大きい。ただ、ドン・キホーテで買ったものは最悪だった。引っ越し直後でえいやっと勢いで買ってしまったものだったが、

  • 柄が"しなる"
  • ヘッド部分で可動箇所がチルトのみ
  • 水切れが悪い

風呂掃除"いやいや"期に入った原因の95%はこれだったし、そのせいで改善計画がスタートした。

これからの構成

ブラシに関しては、レック 激落ちくん お風呂まるごと バスクリーナー を当初検討していたが近所のドラッグストアにはバスボンくんしか用意がなかったのでバスボンくんにした。普通に名前がいいのもあるが、これは

  • 柄が軽量で伸縮できるのにしならない
  • ヘッド部分の可動域が割と広い
  • 水切れはまあまあ

という感じで、完全に先代の上位互換だった。合わせて風呂掃除も新調することにした。これは特に何も考えずにドラッグストアでいつもより高いものを買ってみたが、大正解だった。あまりこすらずに落ちるし、洗剤が流れるのを待つ時間が非常に短くなった。バスボンくんは洗剤不要的なことを謳ってはいるが、おそらく洗剤と併用したほうがいいんじゃないかと思っている。

ということでお風呂掃除コストがたった1,500円くらいの投資で著しく下がった。よかった。